静岡 インプラント 相談室
監修医院:わたなべ歯科クリニック

インプラントメール相談

月〜金
9:00-12:30 14:30-18:00

9:00-13:00 14:00-16:30
<休診日>日曜、祝祭日、木曜

〒420−0941
静岡県静岡市葵区松富
2丁目1−56
電話 0120−824−170
 

 

「インプラントは人口の歯なんだから、歯磨きもしなくて良いんじゃないの?」
「インプラントになっても、歯医者に定期的に来ないといけないの?」
「インプラントは虫歯にならないんだから、手術が終わったら良いんじゃないの?」
「高いお金も払ったし、手術も受けたんだから、もうこれで完璧なんでしょ」

そのように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、インプラントを長持ちさせるために大切なのは手術ではありません。確かに、手術を受けていただくのは一大事で、患者様に負担をかけてしまうものです。そして、手術を行う歯科医師の技術も大切です。

 

そうはいっても、いかに歯科医師が最高の技術で完璧な手術をしたとしても、患者様がきちんとしたメインテナンスをしなければ、インプラントはすぐにダメになってしまうことは間違いありません。

 

ですから、インプラントを長持ちさせるために最も大切なのはメインテナンスであるということを先ず、ご理解下さい。

インプラントは虫歯にならないけど・・・

インプラント自体はチタンでできていますから、虫歯になりません。
また、かぶせ物も人工の物ですから、虫歯になることはありません。
インプラント自体が折れてしまうことがなければ、インプラントは半永久的に持ちます

 

多くの方は「歯が抜けてしまう原因の大半は虫歯だ」と思っていらっしゃいます。しかし、実際には歯が抜けてしまう原因の半分が虫歯で、後の半分は歯周病なのです。

そして、インプラントもこの歯周病を逃れることはできないのです。


私はよく患者様に次のような質問をします。

「歯は何によって支えられていると思いますか?」

すると、患者様のほとんどは次のように答えられます。

「歯ぐき」

答えは「歯槽骨(しそうこつ)という骨です」

そして、この歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けていく病気が歯周病なのです。

 

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間(ポケット)にたまったばい菌がどんどん増え、そのばい菌が毒素を出し、歯を支えている骨を溶かす病気です。

 

ですから、歯周病が進むと歯がグラグラしたり、またそのばい菌は、強い悪臭を持つため、お口の臭いが出てきます。ですが、歯周病は進行しても、抜く寸前ぐらいまで悪くならない限りは痛みなどの自覚症状が出ないため、多くの方が「歯が痛くないから歯医者に行かなくてもいいや」と思って、久しぶりに行ったら重度の歯周病になっていて、歯を抜かなければいけなくなったということが多いのです。

 

これと同じことがインプラントにも起きるのです。
これを「インプラント歯周炎」といいます。

図2

インプラントは正に歯周病が溶かそうとする骨(歯槽骨)と結合することによってがっちりと固定されているので、この歯槽骨が溶かされて無くなってしまうと、インプラントを支えるものは何もなくなり、インプラントが抜けてしまうことになるのです。

歯ぎしりがインプラントをダメにする

インプラントが抜けてしまう2大要因のもう1つが歯ぎしりです。

 

上の図のようにインプラントと自分の歯の最大の違いは「歯根膜(しこんまく)の有無」なのです。自分の歯は歯根膜があることによって、大きな衝撃を緩和させるクッションのような役割を果たしたり、無理な力が加わりそうになったときにセンサーの役割を果たし、その危険を脳に知らせてその力を止める役割を果たします。

 

ですから、自分の歯は衝撃を受けても、この歯根膜のあるお陰で、下に沈みます。しかし、インプラントは歯根膜がなく、直接、骨(歯槽骨)と結合しているために、下に沈んで衝撃を回避することなく、衝撃をもろに受けてしまいます

 

インプラントを埋める際に難しいのはこの歯根膜がないことを計算に入れた咬み合わせを作ることなのです。

 

しかし、歯ぎしり・くいしばりが強い方ですと、この歯ぎしりとくいしばりによって、インプラントと骨(歯槽骨)との結合が破壊されてしまうのです。なぜなら、この歯ぎしり・くいしばりをすることでかかる力は自分の体重以上であることも多いからです。

 

そして、寝ているときは無意識にやってますし、毎日、自分の体重以上の力が継続的に蓄積されていくのです。この力に歯と骨との結合、インプラントと骨との結合が耐えられるのであれば、歯を抜くことは恐らく、不可能だと思われます。

定期健診があなたのインプラントを長持ちさせる

これまで申し上げたように、インプラントをダメにしてしまうのは、インプラント自体の問題ではなく、インプラント歯周炎と咬み合わせです。

 

もちろん、ご本人が気をつけていただくことも重要なのですが、何といってもインプラントには神経がありません。どんなに気をつけても自覚症状がないので、悪くなってからでは遅いのです。

 

そして、悪くなる前に対処して行くことがとても重要なのです。
歯科医院での定期健診ではインプラント歯周炎にならないように処置をしていきますし、咬み合わせのチェックも行っていきますので安心です。

 

また、インプラントを長持ちさせることはとても重要ですが、他の今、残っている歯を長持ちさせることはそれと同じぐらい重要なことです。インプラントは長持ちしても、他の歯が抜けてしまえば、意味がありません

 

せっかく、長い時間とお金をかけてインプラントをなさったのですから、インプラントを長持ちさせるだけでなく、他の歯も長持ちさせるためにも、3ヶ月から4ヶ月に一度の定期健診をしっかりと受けるようにして下さい。



上の図のように、定期健診を継続的にしっかりと受け続けた人と、歯が悪くなったときだけ歯科医院に通い続けた人とでは80歳になったときに残っている歯の本数が約9本も違うのです。

 

きちんと定期健診に来ていただいていれば、インプラントが万が一、悪くなってしまった際の保証を受けることもできますし、インプラントの周りに歯垢や歯石がついていても問題となる前に取り除くことができるのです。

 

そして、他の自分の歯もきっちりと管理することができるのです。

毎日の歯ブラシがインプラントを長持ちさせる

「えっ、歯科医院に定期的検診にしっかり行ってればばっちりなんじゃなかったの?」

そう思われるかもしれません。歯科医院での定期健診はもちろん、重要なのですが、それはあくまでご自分ではできない部分、プロでないとできないことをするのです。

全てを3ヶ月に1回の定期健診で解決することはできないのです。


例えば、家のお掃除でもいくら3ヶ月に1回、プロに頼んだとしても、プロが掃除してくれてない期間の掃除が全くできていなければ、家は大変なことになってしまいますよね。

 

特に、お口の中は食べ物が入る場所です。
簡単に言えば、台所のようなものです。
台所のお掃除がきちんとできてなく、いつも台所に汚れや食べ物が付着しているような状態が続いていたとしたらどうでしょうか?

それと同じです。


いくら歯科医院で定期健診をしても、それまでのお掃除が悪ければ、手のうちようがなくなってしまうのです。ですから、毎日の歯磨きがしっかりとできるように歯科医院の定期健診でもしっかりとアドバイスさせていただきますのでご安心下さい。

 

インプラントは自分の歯と比べると、歯ぐきとのつながりが弱いので歯と歯ぐきの間にある隙間(ポケット)に汚れがたまりやすく、この汚れを毎日の歯みがきでしっかりと落としていかないと、インプラント歯周炎になってしまうのです。

 

インプラントは骨(歯槽骨)とがっちり結合していますから、入れ歯などのように取り外して手入れができないので、毎日のしっかりとした歯磨きがとても重要になるのです。そして、この歯磨きがしっかりとできていれば、他の歯を長持ちさせることにも直結してくるのです。

 

ですから、しっかりと毎日の歯ブラシはしていただきますようにお願いします。

■静岡インプラント相談室の無料電話相談
15分程度の無料インプラント相談です。
お時間は別途改めてお約束を取らせていただいて、こちらから電話するか、患者さんからお電話を頂くかたちになります。
無料電話相談をご希望の方は、下記のメール先に送っていただくか、静岡インプラント相談室に直接電話をしてもらい電話相談のご予約をお取りください。
ご連絡は、メール info@watanabe-shika.or.jp
または お電話 0120−824−170でお願いします。
>> 詳しくはこちらのページをご参照下さい
■静岡インプラント相談室の無料メール相談
静岡インプラント相談室では、お電話と同様に、メールでもインプラントのご相談を承っております。
インプラントについて相談したい方は、「インプラント無料メール相談」のページからお気軽にご相談下さい。
>> 詳しくはこちらのページをご参照下さい
■静岡インプラント相談室の無料FAX相談
静岡インプラント相談室では、パソコンが苦手な方には、FAXでのご相談も承っております。
こちらの用紙をプリントアウトして、ご相談内容を用紙にご記入いただき、FAXを静岡インプラント相談室のFAX.054−271−2709までお送り下さい。2日以内に回答させていただきます。
>> 詳しくはこちらのページをご参照下さい

 

Copyrightc 2008- インプラント 静岡県 - わたなべ歯科クリニック- All Rights Reserved.